2017.07.14

ただの歴史映画じゃなかった!
第一弾ポスタービジュアル遂に解禁!
総製作費150億円!
史上最大規模の日中共同製作映画
空前絶後の一大スペクタクルが幕を上げる!!

t第一弾ポスタービジュアル


総製作費150億円、東宝×KADOKAWAの初の共同配給作品にして、日中共同製作映画としては史上最大の本格ビッグプロジェクトとなる 映画『空海―KU-KAI―』が、来年2018年に待望の日本公開。

監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ほか数々の受賞を果たし、世界にその名を轟かせる巨匠・チェン・カイコー。 原作は、多数の著作が映像化されているベストセラー作家・夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』(角川文庫/徳間文庫)。 中国・唐の時代、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海(くうかい)が、詩人・白楽天(はくらくてん)と共に、首都・長安を揺るがす 巨大な謎に迫る一大スペクタクル超大作。

主人公の空海には、第68回ヴェネツィア国際映画祭の新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞、日本アカデミー賞などを受賞した染谷将太。 海外映画作品初挑戦にして、主演という大役を務め、空海の相棒となる唐代の詩人・白楽天には、中国で好感度俳優第一位にも選ばれた、若手実力派人気俳優 ホアン・シュアン。さらに安倍仲麻呂役に阿部寛、そして松坂慶子、火野正平らが出演。日中を代表する豪華実力派キャストの競演が繰り広げられます。

撮影は、2016年7月31日~2017年1月4日の約5ヵ月に及ぶオール中国ロケで行われ、中国の湖北省・襄陽市(じょうようし)に、約6年の歳月をかけて、東京ドーム約8個分(367,000ヘクタール)という、超巨大な長安の都をかつてない規模で完全再現。その中国映画史上最大のオープンセットには、日中最高の映画スタッフ約700名が集結し、史上最大のプロジェクトの名にふさわしく、圧巻且つ壮大な撮影が行われました。

そんな2018年の目玉に相応しい、本作の第一弾ポスタービジュアルが、本日ついに解禁となりました!!今回解禁されたポスタービジュアルには、 雄大な長安の都をバックに遣唐使・空海を演じる染谷将太の姿が。王朝、そして歴史をも揺るがす巨大な謎に迫る、若き空海の冒険の幕開けを予感させる 壮大なビジュアルとなっています。

歴史映画?偉人伝?を想像させるシンプルなタイトルからは想像もつかない、 空前絶後のスケールで描かれる極上のエンターテインメント大作『空海-KU-KAI-』に是非ご期待下さい!


※近年の日本で200スクリーン以上で公開された日中共同製作映画は、監督:チャン・イーモウ・降旗康男×主演:高倉健の『単騎、千里を走る。』(2006年1月28日日本公開/東宝配給)以来、約12年ぶり。

2016.12.14

松坂慶子 白玲役で出演決定

松坂慶子|出演シーンイメージ

⽇本から唐に渡った⼥性・白玲(中国名)。空海と白楽天が追い求めている「楊貴妃の謎」を解く秘密を知る重要な人物を松坂慶子が演じ、話題作に華を添えている。
同じく⽇本から唐に渡った安倍仲⿇呂に思いを寄せている。

コメント 長年の憧れの陳監督の演出を受け大変幸せでした。オファーを受けたのが今年の4月1日エイプリルフールの日で、夢なら醒めないでと。大変嬉しかったです。大唐時代の壮大でち密なセットの中で撮影をさせていただきました。美や真摯な思いが貫かれている現場からたくさんのことを教わりました。監督から「日本の女性は控えめな美しさがある。白玲は伝統的な美を身に備える女性です。」という説明を受けました。衣装合わせの時には、一から新たに白玲像を作り上げていきました。ロケセットもパワーがあり、その時代に第一線で活躍された方たちの美しさは教わることが多かったです。美とパワーで酔わせてくれる作品だと思います。

2016.12.14

陳凱歌 ×阿部寛 安倍仲麻呂役で出演決定!

阿部寛|出演シーンイメージ01 阿部寛|出演シーンイメージ02

日本の原作・中国のスタッフ、日中のキャスト、日中の映画会社が企画の原点から手を取り合い、日中合作映画のなかでもエポックメイキングとなる製作体制で撮影が進行している本作にて、邦画界を代表するスターのひとり、阿部寛が重要な役どころである安倍仲麻呂を演じている。
近年は中国でも人気を博す日本人俳優とされおり、監督もその実力にかねてより注目していた。本作の製作を機に、是非にという監督からの熱望を受けて出演に至った。

コメント
― 映画「空海」に参加して スケールがすごく大きくて、俳優人生の中でもこんなスケールの作品に出演するのは初めてです。このセットの凄さ、エキストラの凄さ、監督がそれをまとめあげる凄さ。そして、凄くこだわって1日ワンカットしか撮れない日もありますが、そのような撮影をしているチェン・カイコー監督を尊敬しています。
また、監督が撮りたいことを俳優陣一人一人にきちんと説明して撮影してくれるので、一緒に一つのワンカットを最高のものにしようという意識とその意識の高さを感じます。今回この作品に参加でき、非常に勉強になり凄く良かったと思います。

― 安倍仲麻呂を演じて、 今回、約1300年前にこの唐に遣唐使として渡って来た安倍仲麻呂を演じています。
生きて海を渡り唐に行くだけでも大変な時代に、日本人でありながら玄宗皇帝の側近になった人です。彼はとても優秀で、玄宗皇帝からとても信用を得た人であり、そんな凄い人を僕は演じさせていただいています。本を色々読んだら、魅力的な人であって容姿的にもカッコいい人だったみたいですね。今回中国に来て、私は安倍仲麻呂を演じさせていただいて、染谷くんは空海を演じていますが1300年前の二人に敬意を称するとともに幸せなことだと思い一生懸命頑張ります。